MS-Japanに断られた!登録拒否の5つの理由と対処法

MS-Japan管理部門・士業におすすめしたい転職エージェントとして、No.1の人気を誇る転職エージェントです。

しかし、MS-Japanに登録して転職活動を進めようとしても、断られてしまった経験がある人は大勢います。
転職エージェントであるMS-Japanに断られてしまえば、「自分では転職ができないのでは?」と不安になってしまうでしょう。

MS-Japanに断られた事実よりも、「何故断られたのか?」登録拒否の理由と対処法を確認しておくことが重要です。

この記事ではMS-Japanに断られた理由と対処法を紹介していきます。

私自身も異業種転職を2回させた後に、同業の人材会社で人材コーディネーターとして勤務していた経験があり、この記事で紹介するのは筆者の実体験に基づいた対処法です。

MS-Japanに断られてショックを受けている方は、この記事を最後まで読んで、新たに転職活動を始めてみてください。

MS-Japanで登録拒否された!

MS-Japanには登録を断られなくても、掲載されている求人では選考が難しい可能性があります。

管理部門・士業に特化した転職エージェントと言っても、実務経験が浅い求職者ではハードルが高く感じてしまうでしょう。

転職活動が難航してMS-Japanに助けを求めても、求人紹介がされない可能性があります。

こちらも、MS-Japanに登録はできたけど求人紹介がされなかった経験談です。

求人数があまり多くないと感じて、結局他の転職エージェントを利用していますね。

転職エージェントはMS-Japan以外にも豊富にありますので「MS-Japanでは難しいかもしれない」と感じた時点で、他の道を検討しておきましょう。

登録はしたけど、MS-Japanのエージェントにダメ出しされて傷ついてしまった人の声です。

自分ではどうしようもない転職活動をサポートしてもらおうと、転職エージェントを利用したにも関わらずエージェントから強くダメ出しされてしまえば心が折れてしまうでしょう。

あくまで自分に合わないエージェントに対応されてしまった場合は、あまりモチベーションを落とさず、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

MS-Japanを利用した方の声で、直接「登録を拒否された」経験者は少なかったですが、転職サポートがイマイチだったと失敗談を語っている方は大勢いました。

MS-Japanで失敗しても、転職ができなくなった訳ではありません。

自分で転職活動を進めていくか、他の転職エージェントを利用してみることをおすすめします。
MS-Japanでダメだったからといって、転職を諦めないでください!

MS-Japanから連絡こない理由

「MS-Japanに登録しても、エージェントから連絡が来ない」と不安になってしまう方も多いでしょう。
しかし、MS-Japanから連絡がこないからと言って、一概に登録拒否されているとは限りません。

何故なら、MS-Japanのような転職エージェントでは、求職者の登録から求人紹介までに時間がかかる可能性が高いです。

求職者が登録してから、求職者の職歴や希望条件など情報を確認、その後に最適な求人をピックアップする作業に移ります。

しかも、求職者支援だけをおこなっている訳ではなく、企業との連絡や他求職者の対応と他業務と平行して新しい求職者のサポート準備をしているのです。

多忙な業務量を抱えているエージェントでは、新しく登録した求職者への対応が間に合っていないのかもしれません。

日々増えていく求職者に対して、サポートするエージェントの人数が不足している可能性が高いです。
毎日新しい登録者が増えていくMS-Japanに登録しても、すぐには連絡が来ない可能性を考慮しておきましょう。

MS-Japanに断られた理由①:拠点から遠かった

MS-Japanの拠点と離れた場所に住んでいる場合は、登録を断られてしまうこともあります。

MS-Japansは「東京・神奈川・愛知・大阪」の都市部に拠点を設けており都市部の拠点周辺しか対応ができない可能性が高いです。

求職者が拠点から離れた地域に住んでいたり、地方都市を希望した場合は転職サポートが対応できないので断られてしまうでしょう。

何故なら、転職エージェントは求職者を支援して転職を成功させることが仕事で、企業に求職者を紹介して入社して初めて紹介料を頂いています。

拠点から離れた場所の求職者では、面談や万が一の事態に対応できない遠方の求職者にはサービスが行き届かないでしょう。

更にMS-Japanでは「東京・神奈川・愛知・東京」などの主要都市部以外の地方勤務地営業マンが足を運ぶことが難しく、求人が乏しくなっています。

拠点から離れた地域への転職を希望しても、求人紹介を断られる可能性が高いです。

拠点から離れていることが原因でMS-Japanに断られた方は「マイナビエージェント」を利用してみましょう。

マイナビエージェントは業界トップクラスの求人数を保有しており、そのサービス内容は業界最大級の転職支援サービスで絶大な信頼があります。

MS-Japanより拠点数が多く求人数も豊富なマイナビエージェントであれば、地方の転職でも問題なくサポートしてくれるでしょう。

また、マイナビグループが運営する転職求人サイト「マイナビ転職」には、都市部以外の求人も豊富に掲載しています。

自分でマイナビ転職から求人検索をして応募することで、希望勤務地への転職が可能です。

また、希望勤務地によってはマイナビエージェントを利用する以外にも、希望地域に特化した「地域密着型転職エージェント」を探して転職支援を受ける方が希望に沿った求人を紹介してくれることがあります。

希望エリアに特化した「地域密着型転職エージェント」を探すか、「マイナビエージェント」で転職を成功させてみましょう。

マイナビエージェント

MS-Japanに断られた理由②:年齢が高すぎた


※引用:doda「年代別転職のポイントも解説!コロナでどう変わった? 転職成功者の年齢調査【最新版】」

あなたの年齢が高すぎたことが原因でMS-Japanに断られることがあります。

転職エージェントは企業に求職者を推薦することが仕事なので、推薦しにくい高齢の求職者は登録を断られる可能性が高いです。

実際、dodaエージェントサービスが調べた転職を成功させた求職者の平均年齢は32歳と調査結果が判明しています。

MS-Japanは20代〜30代前半の利用者が多く、30代後半や40代・50代の求職者では、転職市場で売り込むことが難しいため断られる可能性が高いです。

年齢の高さが理由でMS-Japanを断られた場合は「JACリクルートメント」を利用してみましょう。

JAICリクルートメントは20代の若年層より、30代以上の社会人経験を豊富に積んだミドル層をメインターゲットにしている転職エージェント。

過去に優れたキャリアや管理職経験があれば、年齢の高いミドル層であってもキャリアを活かした転職サポートが期待できます。

また、JAICリクルートメントが保有している求人も30代以上のミドル層向け求人ばかりですので、年齢が高い求職者も安心です。

年齢が高すぎてMS-Japanに断られたミドル層の求職者にはJACリクルートメントで転職を成功させてみてください。

MS-Japanに断られた理由③:スキルが不足していた

MS-Japanに登録してもスキルが不足している場合は、求人紹介を断られてしまうでしょう。

転職エージェントは企業が求める人材を推薦する必要があるので、あなたがどれだけ希望してもスキルと経歴が見合っていない場合は断わられてしまいます。

実際、MS-Japanでは実務経験がなければ応募できない経験者向け求人が多く、年齢に応じたキャリアがなければ転職を成功させることが難しいです。

「良い求人を見つけたから応募したい」とエージェントに相談しても、スキルが不足していてはダメ出しされてしまうでしょう。

スキル不足が考えられる要因は次の理由が挙げられます。

  • 経験者優遇、経験必須の求人を経験・スキルが無いのに希望している
  • スキルに見合わない大幅な年収アップを希望している

スキルに見合わない転職希望によってMS-Japanを断られてしまった方は、「doda」をおすすめします。

dodaエージェントサービスは転職・人材業界で有名なパーソルキャリアが運営する国内最大級の転職エージェントサービス。

dodaは業界最多数の求人数を保有しており、未経験者歓迎求人を多数保有しています。

MS-Japanで断られてしまった方も、dodaが保有する未経験者歓迎求人の中から、あなたのスキルに見合った範囲で求人を紹介してくれるでしょう。

スキル不足でMS-Japanに断られてしまった方はdodaの未経験歓迎求人で転職支援を受けましょう。

doda

MS-Japanに断られた理由④:ニート・フリーターなど職歴が弱かった

過去にニートやフリーターなど弱い職歴しかない場合はMS-Japanに断られてしまいます。

MS-Japanは管理部門・士業に特化した転職エージェントです。

つまり過去に管理職や士業の経験がある求職者向けの転職支援しかおこなっておらず、ニートやフリーターなど職歴が弱い求職者に紹介できる求人はありません。

ニートやフリーターなど職歴が弱い求職者では、MS-Japanに登録しようとしても断られてしまうでしょう。

また、ニートやフリーターと弱い職歴で登録しても、他の求職者の方が企業に売り込みやすいので、あなたへの求人紹介が疎かになってしまう可能性が高いです。

ニートやフリーターなど職歴の弱さが原因でMS-Japanに断られてしまった方は、「ハタラクティブ」に相談してみましょう。

ハタラクティブはフリーター・ニート・既卒・中退者など職歴が弱い求職者でも断らずに転職支援をしてくれる転職エージェント。

ハタラクティブでは他転職エージェントに断られてしまうような職歴が弱い求職者であっても、諦めずサポートしてくれます。

実際、ニート・フリーターなどの無職歴・無学歴の求職者を86.5%も大企業に内定させてきた実積がある転職エージェントです。

ニート・フリーターなど職歴や学歴コンプレックスで転職活動に苦手意識を持っている方ハタラクティブに申し込んでみましょう。

ハタラクティブ

MS-Japanに断られた理由⑤:転職回数が多すぎた

年代/転職回数 0回 1回 2回 3回
20代 76% 16% 6% 2%
30代 47% 24% 16% 8%
40代 38% 20% 18% 11%
50代 34% 21% 17% 11%

※引用:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

転職回数が多すぎた方は、MS-Japanに断られる可能性が高いです。

リクナビNEXTがおこなった転職市場調査では、転職回数が多い求職者ほど転職が失敗しやすい調査結果が判明しています。

実際、転職回数が多い職歴の求職者は転職エージェントの利用を断られてしまうだけでなく、求人に応募しても書類選考で断られる可能性が高いです。

何故なら、転職回数が多い事実はエージェントや採用担当者に「嫌なことがあればすぐに辞めてしまう」「飽きっぽくて長続きしない」と持続性と忍耐力が無い悪印象を与えてしまいます。

企業からすると新しい社員に教育する労力と時間が無駄になってしまう。
転職エージェントからしても、企業に推薦しづらく採用されてもすぐに辞められては紹介料が貰えないので、転職回数の多い求職者は敬遠したくなるのです。

転職回数の多さが理由でMS-Japanに断られてしまった方は「Spring転職エージェント」に相談してみましょう。

Spring転職エージェントは登録から面談までのハードルが非常に低く、とりあえず面談希望者には合ってみるスタイルが有名な転職エージェントです。

MS-Japanで断られてしまっても、Spring転職エージェントであればとりあえず会って面談してくれるでしょう。
面談の際に「自分は転職回数が多いけど、次こそ自分を活かせる職場へ転職したい」と強い意思をアピールすることでエージェントからのサポートを受けることができます。

またSpring転職エージェントは、日本での知名度は低いですが、実は世界の60拠点で活躍している世界規模では有名なグローバル企業です。

世界規模の転職エージェントが誇る外資系企業やグローバル企業の求人を多数保有しているので、あなたに合った新しい職場を見つけることができるでしょう。

転職回数の多さが理由でMS-Japanに断られてしまった方はSpring転職エージェントで理想の転職を果たしてみてください。

Spring転職エージェント

MS-Japanに再登録は可能?

MS-Japanに再登録することは可能です。

しかし、一度断られた転職エージェントには何度申し込んでも結果は変わりません。

時間を空けてMS-Japanに再登録を申し込んでも、また断られてしまって転職活動のモチベーションが下がってしまうだけです。

悪戯に時間と気持ちを擦り減らすより、「何故MS-Japanに断られたのか」理由を追求して、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

大切なことはMS-Japanに断られても挫けずに、自分に合った転職エージェントで転職活動を続けることです。

この記事で紹介したおすすめ転職エージェントから、自分に合ったエージェントを探してみてください。

転職エージェントはMS-Japan以外にもたくさんあります。

MS-Japanに断られた理由と対処法を確認して、自分に合った転職エージェントで転職支援を受けてみましょう。