JACリクルートメントに断られた!登録拒否の理由と対処法

JACリクルートメント」は年収500万円以上を基準とする高待遇な求人を豊富に扱っている転職エージェントです。現状より良い職場に転職しようとJACリクルートメントで転職活動をする求職者は多いでしょう。

しかし転職エージェントであるJACリクルートメントに断られてしまって、転職活動のモチベーションが下がっている人は少なくありません。

問題は何故自分はJACリクルートメントに断られてしまったのかその理由と対処法を知っておくことが重要です。

この記事を読めば、JACリクルートメントに断られてしまった理由と対処法を知ることができます。
自分が何故JACリクルートメントに断られてしまったのか原因を理解しておくことで、今後の転職活動を円滑におこなうことができるでしょう。

私自身も同業の人材会社で人材コーディネーターとして勤めた経験もあり、過去には未経験から異業種転職を成功させた経験が2度あります。自身の経験に基づいた記事になりますので、参考にしてみてください。

JACリクルートメントに断られた!

JACリクルートメントから断られてしまった場合「自分では転職ができないのでは?」とネガティブな気持ちになってしまいます。
転職エージェントにお断りされてしまってショックを受けた人は少なくありません。

JACリクルートメントは断られると予想している人もいるようです。
覚悟はしていても実際転職エージェントから「紹介できる仕事はありません」とお断りされてしまうと堪えてしまいます。

JACリクルートメントだけでなく複数の転職エージェントすべてからお断りを受けることもあります。
断られ続けると転職市場で自分に需要がないような気持ちになってしまい、とても前向きな気持ちにはなれません。

JACリクルートメントに断られてしまいショックを受けていることでしょう。
しかし転職エージェントはJACリクルートメントト以外にも豊富にありますので、諦めずに転職を成功させてみてください。

JACリクルートメントに断られた理由①:年齢が若すぎた


※引用:JACリクルートメント

JACリクルートメントに断られてしまった理由は、あなたの年齢が若すぎたのかもしれません。

JACリクルートメントは管理職やエクゼクティブ求人など経験を積んだ人材向けの高スキルな求人をメインに扱っております。
上の表はJACリクルートメントで転職を決めた求職者の年齢割合ですが、30歳以上のミドル層が多く30歳未満の20代若年層が占める割合は20%未満と非常に少ないです。

年齢が若すぎるとキャリア形成が出来ておらず、経歴が薄いため紹介できる仕事がないのでしょう。

年齢が若すぎてJACリクルートメントに断られてしまった方は「マイナビエージェントで転職活動をおこなってみてください。

マイナビエージェントを利用している求職者の8割が35歳以下の若年層、つまり20代求職者を中心に転職支援をおこなっているのです。
業界最大手の転職エージェントサービスであり、豊富な求人数からあなたに合った転職先を見つけることができるでしょう。

20代若年層や年齢が若すぎてJACリクルートメントに断られてしまった場合は、一度マイナビエージェントに相談してみましょう。


※マイナビエージェント

JACリクルートメントに断られた理由②:年齢が高すぎた


※引用:doda「年代別転職のポイントも解説!コロナでどう変わった? 転職成功者の年齢調査【最新版】」

年齢が高すぎてもJACリクルートメントに断られる可能性があります。

dodaエージェントサービスにが調べた転職成功者の年齢統計では、転職活動を成功させた人の平均年齢は32歳とされています。

JACリクルートメントでは経験豊富なミドル層をターゲットとしていますが、55歳以上など年齢が高すぎる求職者の場合は紹介できる仕事がなくお断りされてしまうのです。

何故なら55歳以上となると転職市場では高齢とみなされヘッドハンティングのようなスカウトでない限り、転職することは難しいと判断されてしまいます。
優れたキャリアや実積がない場合はJACリクルートメントを利用しようとしても、お断りされてしまうでしょう。

年齢が高すぎてJACリクルートメントに断られてしまった人は「dodaにご相談ください。

dodaエージェントサービスはパーソルキャリアが運営する国内最大級の転職エージェントサービスで、年齢や性別に関わらずすべての求職者を受け入れてくれます。

何よりdodaの最大の魅力は業界最多数の求人保有数であり、豊富な求人情報の中から高齢の求職者向けの求人を紹介してくれるでしょう。

年齢が高すぎて転職活動を諦める前にdodaに登録してみることをおすすめします。


※doda

JACリクルートメントに断られた理由③:スキルが不足していた

JACリクルートメントを利用するには自分の強みとなるスキルが必要になります。

スキルが不足している求職者はJACリクルートメントにお断りされてしまうでしょう。

JACリクルートメントが扱う求人は年収500万円以上の求人ばかりです。
つまり管理職や高スキルを扱う優秀な人材を求める求人ばかりを扱っており、スキル不足の人材に仕事を紹介することはありません。

ハードルが高いJACリクルートメントではスキル不足によりお断りされてしまった方は「Spring転職エージェントをおすすめします。

Spring転職エージェントはとりあえず面談希望者には合ってみるスタイルをとっており、JACリクルートメントより圧倒的に利用ハードルが低いです。

JACリクルートメントで登録を断られた人でも、Spring転職エージェントであればまずは話を聞いてくれて転職活動をサポートしてくれます。

またSpring転職エージェントは日本の転職市場では知名度が低いですが世界60拠点で活躍する世界トップクラスのグローバル企業です。
他の転職エージェントでは掲載されていないような外資系企業やグローバル企業を多数扱っており、Spring転職エージェントを利用することによって、今より条件のいい職場に転職することも夢ではありません。

スキル不足により求人紹介を断られてしまった方はSpring転職エージェントをおすすめします。

※Spring転職エージェント

JACリクルートメントに断られた理由④:希望する職種求人が少なかった

※引用:JACリクルートメント

スキルも年齢も申し分ないがJACリクルートメントに断られてしまった場合は、希望職種に問題があるのかもしれません。

JACリクルートメントでは次の職種には特化していますが、他の職種では求人数が少ない可能性があります。

  • 営業職
  • 技術職
  • 管理職・バックオフィス

どれだけ優れた経験が合っても案内できる希望職種の求人が不足している、もしくは取り扱っていない場合はお断りするしかありません。
またエージェントによっては経歴を買ってもらって、管理職や営業へ転職することを勧めてくることもあるでしょう。

あなたが希望する職種で転職活動をおこないたいのであれば「マイナビエージェント」を利用することをおすすめします。

マイナビエージェントは業界最大級の転職支援サービスとして、専門職や多種多様な業界の求人を扱っています。
また自分で仕事を検索して応募できるマイナビグループの転職サイト「マイナビ転職」を利用することによって、自分が希望する求人を見つけることができるでしょう。

JACリクルートメントでは希望する職種がなかった方は、マイナビエージェントで転職活動をおこなってみてください。


※マイナビエージェント

JACリクルートメントに断られた理由⑤:転職回数が多すぎた

年代/転職回数 0回 1回 2回 3回
20代 76% 16% 6% 2%
30代 47% 24% 16% 8%
40代 38% 20% 18% 11%
50代 34% 21% 17% 11%

※引用:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

転職回数が多すぎるとJACリクルートメントに断られてしまうでしょう。

JACリクルートメントは転職エージェントとして企業におすすめの人材を推薦する必要があります。
しかし転職回数が多い人材ではエージェントが強く推薦できないのです。

転職回数が多いと「またすぐに辞めてしまうのでは?」と継続性を疑われてしまいネガティブなイメージを与えてしまいます。
特にJACリクルートメントでは優秀な人材を求めている高待遇求人をメインに扱っているため、転職を繰り返している履歴書では推薦できないと断られてしまう可能性が高いです。

転職回数が多くJACリクルートメントに断られてしまった方は「ハタラクティブ」に相談してみてください。

ハタラクティブは他転職エージェントでは断られてしまう経歴を持つフリーター・ニート・既卒・中退者でも利用できる転職エージェントです。

なんとハタラクティブを利用したフリーター・ニートなど86.5%の方が大企業に推薦して内定させてきた実積があります。
ハタラクティブであれば転職回数が多く、転職活動が難航してしまっている人でも諦めずに転職活動をサポートしてくれるでしょう。

転職回数が多い方は転職によって何を得たのか「転職の多さを武器」に変えて転職活動を成功させることをおすすめします


※ハタラクティブ

JACリクルートメントに断られた理由⑥:現職の年収が低かった

JACリクルートメントは年収が低い登録者を断ることがあります。

何故ならJACリクルートメントでは高スキルの管理職・エクゼクティブ人材など企業が求める条件が高く、扱っている求人が年収500万円以上の仕事ばかりです。

登録時の年収が500万円以下であればJACリクルートメントではお断りされる可能性が高いでしょう。
年収アップのために転職しようとしていても、現状の年収が低ければJACリクルートメントを利用することはできません。

年収が低くてJACリクルートメントに断られてしまった場合は「Spring転職エージェントで転職活動をおこないましょう。

Spring転職エージェントは年収によって仕事の紹介を断られてしまうことはありません

Spring転職エージェントが保有する外資系企業やグローバル企業の仕事に転職することで年収アップを図ることも可能でしょう。
年収よりも大切なことは転職活動をサポートしてくれるエージェントと相談して、自分のスキル・経歴ではどのレベルの仕事で選考してもらえるのか転職市場における自分の市場価値を知っておくことです。

年収によりJACリクルートメントに断られてしまった方はSpring転職エージェントで転職を成功させてみてください。

※Spring転職エージェント

JACリクルートメントに断られた理由⑦:ブランク期間が空いていた

履歴書にブランク期間が空いている方はJACリクルートメントに断られることがあります。

JACリクルートメントが扱う求人ではキャリア形成が出来ている人材を求める傾向があり、履歴書に空白のある求職者では仕事を紹介できない可能性が高いでしょう。

また履歴書の空白期間に「何か個人事業をしていた」「留学や研究など将来のための勉強をしていた」など、目的のある社会人ブランク期間であれば、エージェントは仕事の紹介を検討してくれる可能性もあります。

しかし特に何も打ち込んでいなかった「休憩」のブランク期間ではJACリクルートメントにお断りされてしまうでしょう。

ブランク期間が原因でJACリクルートメントに断られてしまった方は「ハタラクティブ」を利用してみてください。

ハタラクティブはフリーター・ニート・既卒・中退者など履歴書に空白期間がある求職者でも転職支援をしてくれます。
ただブランク期間があるだけなら、ハタラクティブが扱っているニート・既卒などの社会人経験がない方より転職活動も円滑に進めるでしょう。

履歴書にブランク期間があって転職活動が不安な方はハタラクティブに相談してみましょう。


※ハタラクティブ

JACリクルートメントに断られた理由⑧:現在離職中だった

現在離職中・ニートの方はJACリクルートメントにお断りされる可能性が高いです。

他転職エージェントでも同様ですがニート・フリーター層は受け入れられないことがあります。

特にJACリクルートメントではニート・フリーター層ではなく高キャリアの人材を求めているため、キャリア形成がされていないニート・フリーターの方は断られてしまうでしょう。

また過去はしっかりと社会人経験を積んでいたが、現在離職中の方も断られてしまう可能性があります。
何故なら転職活動は仕事に勤めながら計画的にすべきだと考えている人が多く、仕事を辞めてから転職エージェントに登録する人を「計画性がない」と判断してしまうエージェントが多いのです。

会社都合で退職してしまった離職者でない限り、離職中でJACリクルートメントを利用することは難しくなります。

現在離職中でJACリクルートメントに断られてしまった方は「doda」を利用してみましょう。

dodaエージェントサービスでは現在離職中の方であっても経歴や退職理由に関わらずすべての求職者を支援しています。

現在離職中で転職活動が難航している方は、是非dodaに登録してみましょう。

また転職を希望する場合は、できるだけ現職を続けながら転職活動をおこなうことをおすすめします。

働きながら転職活動をおこなうことによって「計画性がある」と採用担当者に好印象を抱いてもらえるのです。
生活も安定したまま転職活動ができるので焦らずに転職を成功させることができるでしょう。


※doda

JACリクルートメントに再登録は可能?

JACリクルートメントに再登録することは可能です。

しかしJACリクルートメントは登録自体を断ることはありませんが、登録内容によって登録者に仕事を紹介できるか社内で検討します。
一度断られてしまった経歴では、何度登録しても求人紹介を断られてしまう可能性が高いのでおすすめはしません。

再度JACリクルートメントに断られてしまってショックを受けるより、他の転職エージェントを利用して転職活動をおこないましょう。

JACリクルートメントに断られてしまっても、あまりショックを受けないでください。

JACリクルートメントは登録者の選考基準も高いため、他の転職エージェントであれば十分受け入れられる可能性があります。
諦めずに転職活動をおこなって希望する転職先を見つけましょう。